薄着だから悩みが多い!夏のブラジャーの選び方

夏は薄着の季節です。

白いTシャツ一枚で出かけたい暑い日、ふと鏡を見るとブラジャーの色が透けて見えてました。

慌てて濃い色のTシャツに着替えたり、ベージュのブラジャーに着替えたり…。

夏はベージュのブラジャーだけを使いたくなります。

しかし、夏は肩見せの服も多いです。

肩からベージュの肩紐が見えたらダサすぎます。

そんなときは肩紐がベージュじゃないブラジャーを使いますが、一昔前はキャミソールの肩紐なら見せてもいいという流行があり、キャミソールっぽい肩紐のブラ紐をごまかして見せれましたが、今はそんな流行もありません。

肩紐がタンクトップっぽいブラジャーを売ってくれればいいのにと思います。

夏は胸元が広くあいた服も多いです。

中にキャミソールを着てもまだ胸元は広くあいててオフィスにはちょっと…てことになります。

もっと胸元が狭いキャミソールやタンクトップ、ブラカップ付きのキャミソールを売ってくれればいいのにと思います。

ブラジャーに引っ掛けて使う胸元カバーももっと使いやすくならないものかと思います。

ブラカップ付きキャミソールは構造上とても締め付けます。

昔の無印のカップ付きキャミソールは締め付けず楽チンだったのに最近は外出できるようにと開発されたのか、キツキツです。

ユニクロは最初からキツキツでした。室内専用のキツキツじゃないカップ付きキャミソールも売ってくれればいいのにと思います。

レースや花がついたブラジャーも夏はTシャツにうつるので使えません。

シンプルイズベストです。

ベージュのシンプルなブラジャーは定番すぎてバーゲンで安くなりません。小さな店では品切れになることも多いです。

シンプルなだけに形の良し悪しがはっきりわかりますので、やはりワコールなどのお高いメーカーのものを常備しておきたいものです。

とにかく便利です。

ブラジャーの洗濯は本来は手洗いがベストですが、面倒なので100円ショップのブラジャー洗いネットに入れて洗濯機で洗ってます。

干すときはできるだけ平置きで形を整えて干します。

漫画やドラマで片方だけ洗濯ハサミでとめてダラーンと干してるシーンをよく見ますが、

あんな干し方してたら布地が伸びるし型くずれしまくりで、男性が妄想で作ってる作品だなあと思ってしまいます。

平置きがベストですが、風通しのいいところで吊して干したいときは、靴下を干すような洗濯ハサミがたくさんついてるハンガーを使い、肩紐と本体の結び目など数ヶ所をハサミでとめて、できるだけ型くずれしないように干してます。

ちゃんと自分に合ってる?ブラジャーのサイズ選び

ブラジャーはどのサイズが自分に合っているのか寸法をとることが大切です。

サイズが合わないとブラジャーが動いているとずれたり胸の形が変わってしまいます。

家で自分で胸の寸法を測ると店で測るよりも胸のサイズが小さくなります。

私は以前、自分で胸のサイズを測り、そのサイズに合わせてブラジャーを買っていました。

するとどうしても何回か着けていると合わなくなってしまい、かなりずれていました。洗濯してブラジャーの紐が伸びたのかと思い、何回か紐の調整を行いました。

また、自分の胸のサイズが変わったのかと思い、自分でもう一度測ってみても胸のサイズは同じでした。

おかしいなと思いながらもブラジャーを直しながらずっと着けていました。

ある日、初めてランジェリーの専門店の下着を見ていると、店員さんがブラジャーのサイズを測ってくれるというので何着かブラジャーを着け、測ってもらいました。

最初は私が普段着けているサイズを着て店員さんに見てもらうとブラジャーのサイズが小さいのではないかと指摘を受け、何回かサイズを大きなブラジャーを試着しました。

するとピッタリ合うサイズがあったのです。

店員さんにはそのサイズだったと指摘を受け、納得して買いました。

今まではランジェリー専門店に行き、店員さんにサイズを測ってもらうのが恥ずかしくて、なかなか一歩が踏み出せませんでした。

今回も店員さんに声をかけてもらわなかったらきっと今まで通りのサイズにし、合わないと悩んでいたことだろうと思います。

専門の方にサイズ寸法してもらうだけでブラジャーのフィット具合がこんなにも違うのだと実感しました。

フィット具合といったら天と地ぐらいの差に感じます。

悩みが解消され、すごくほっとしましたし、スッキリもしました。恥ずかしいとかグダグダ悩んでいないで早く寸法してもらえば良かったです。

そうすれば運動した時にブラジャーが動かず、ブラジャーを気にせずに楽に運動できたのだと思います。

合わないサイズのブラジャーだと動く度にずれてそれを一々直さないといけなく、それが結構なストレスになり、イライラしていました。

今は店員さんが測ってくれたサイズで言われた通りに背中の肉を胸に持っていき、ブラジャーにフィットさせています。

今はブラジャーするのも楽になりました。

自分でブラジャーのサイズを測るのもいいですが、時間があればランジェリー専門店に行き、店員さんに実際に測ってもらうのが自分に合ったサイズを知り、それを着けられるのが一番いいと思います。

バストを美しく保つにはブラジャー選びがポイント

女性であれば出来るだけ長く美しいバストでいたいと思うのは誰もが思うことであり、当たり前のことのように思いますよね。

そこで今回はブラジャーを通じて美しいバストを保つ秘訣を三つご紹介したいと思います。

まず一つ目はシチュエーションに合わせたブラジャーを選ぶこと。

スポーツをする場合は必ずスポーツ用のブラジャーまたはブラトップを着用すること等です。

二つ目は40代以上の女性と出産を経験した女性はなるべくワイヤー入りのものを着用すること。

三つめはリラックスした時間であってもなるべくブラジャーを着用することです。

一つ目の理由は、現在私はスポーツアパレルの仕事に従事しており、毎日たくさんの女性のお客様に接して感じるようになったことからです。

例えばこれから軽くジョギングを始めようと思っている方、また近所のスポーツジムに通い始めた方など、そんな中私がよく思うことは女性の方はインナーにあまり目を向けていないなということです。

おしゃれで意識の高い人がファッションは下着からこだわっているようにスポーツもまずインナーじゃないかなと思っています。

いくら機能性が高いワイヤー入りの高級なブラジャーを身につけたところでスポーツの場面では役に立ちません。

スポーツの動きにはアンダーバストを面で支えるスポーツ用のブラジャーが必要不可欠です。

普通のブラジャーでは金具やひもなどが邪魔になり良いパフォーマンスも出来ません。

更にスポーツの動きでよくある上下で飛び跳ねたりする動きはバストを支える大切なクーパー靭帯を伸ばした状態しているかもしれません。

そのことをお客様に伝えるとほぼ100%の方がスポーツ用ブラジャーを購入していかれます。

二つ目の理由もクーパー靭帯に関連しますが35歳を超えると女性のボディラインはかなりの確率で崩れてきます。

加えて出産も女性の体型にかなりの影響を及ぼします。

芸能人やモデルさんのようにみんながみんなジムやエクササイズに行くことは出来ないしかという自分自身もそうです。

なのでバストを固定するという意識さえ持てたらブラジャーを身に着けることは容易なことだと思います。

三つ目の理由は地球の重力との関連性です。

少し大げさですがバストは大きくても形が整っていても必ず重力に沿って垂れ下がってきます。

それを少しでも阻止するためいくら家にいる間でも野放しにしてはいけません。

何らかの布で覆わなければますます重力に従ってしまいます。

大変危険です。

これらのように三つご紹介しましたがさらにもう一つ私自身が毎日続けていることですがお風呂上りにボディクリームで下から上にマッサージをしてみてください。

正直これがブラジャー選びと同じくらい効果的です。

ブラジャーの相場ってどのくらい?男性には驚かれる値段

子持ちで地元に帰ってきた私(正確にはお腹の中に)。

よくある話かはわかりませんが何年かぶりに再会した同級生が俺がお前と子供の面倒みる。

と、つきあうことになり(北の国からのしょうきちみたいといつも思う)最近3人で暮らし始めました。

彼に結婚歴はなく、きままな一人のおっさんから一気に一家の大黒柱となったのでした。

私はというと実家に親子で居候し朝から晩まであくせく働いても働いても貧乏な暮らしから一変、仕事もゆっくりでいいよという彼に経済的にも甘えることにしました。

とはいえ彼もとても収入がいい方ではないのでこれから生活費として渡す分以外に欲しいものがあったらいってということになりました。

まず彼を驚かせたのは私の化粧品。

かなりの敏感肌な私はオーダーの化粧品を使っています。

一式6万弱・・・。

でもこれはしょうがないでしょう(笑)

それと美容室。

ここいらの都心でもお高い方の美容室。

だってショートカットだから、カットのセンスや技術が違う。(ような気がする)

彼の床屋の比ではありません。

この二つともう一つ、どんなに未婚の母で貧しくてもお洋服は安物でも下着だけは納得したものをつけたいと思っていまして、ブラジャー1つとショーツ2枚で2万ちょい。

きちんとした経済状況の奥さんなら別に高くもないと思いますが、何のスキルもない未婚の母私にとっては贅沢品でした。

化粧品、美容室はおしゃれな彼はすぐに納得していました。

下着の2万は「はっ?俺のパンツとかさ・・」

一緒にするなと思いましたがまあ言わんとすることはわかります。

ちなみに彼は実家はまあまあ裕福で両親が身に着けるものにお金をかけているようで

私にも付き合いだしたころからちょこちょこ服を買ってくれるようなそんな人です。

いまでこそ独立して少しはましになりましたが付き合いだした頃はブラック企業の飲食店で働いており、朝から晩まで休みもろくになく働いて給料は悲惨なものでした。

その中で、私に靴や服をかってくれていたと思うと泣けます。

だからそんなに怒ってるというより女の下着ってそんなに?

という感じでした。

「そうねぇ。でもわたしは胸が小さいのでこれぐらいないともれん!と思ってたけどみんなどうなんだろ?」

そういえばわかーい頃は友達と下着の話してたんだろうけど今はわからん。

2人で共通の知人にきいてみようってことになってさっそくLINEしてみようやってなりました。

もちろんお医者さんと結婚しましたーなんて子は参考にならないのでまあまあ共働きの一般的な家庭の友人2人に

これこれこうやってこんな話にと送ったら2人とも子供もいて働いて忙しいのに丁寧に教えてくれました。

1人は2万は高いね、私は1万台かなといいう主旨のものでもう一人は多分偶然にも私と同じメーカーの下着。

でも絶対旦那に言ったら怒らないだろうけどびっくりするから言ってはないとのこと。

ふむふむ、仲良くてお洋服はどんなんが好きとか知ってても下着の話なんかなかなかしないよねと後日また盛り上がったのでありました。

自分は安いボクサーパンツをはいて2000円の床屋さんで顔もボディソープで洗っても私には好きなものを、気に入ったものを、子供も自分の血を分けたわけでもないけれど私たちの為に一生懸命働く大切な大切な彼を大切にしようと思いました。