薄着だから悩みが多い!夏のブラジャーの選び方

夏は薄着の季節です。

白いTシャツ一枚で出かけたい暑い日、ふと鏡を見るとブラジャーの色が透けて見えてました。

慌てて濃い色のTシャツに着替えたり、ベージュのブラジャーに着替えたり…。

夏はベージュのブラジャーだけを使いたくなります。

しかし、夏は肩見せの服も多いです。

肩からベージュの肩紐が見えたらダサすぎます。

そんなときは肩紐がベージュじゃないブラジャーを使いますが、一昔前はキャミソールの肩紐なら見せてもいいという流行があり、キャミソールっぽい肩紐のブラ紐をごまかして見せれましたが、今はそんな流行もありません。

肩紐がタンクトップっぽいブラジャーを売ってくれればいいのにと思います。

夏は胸元が広くあいた服も多いです。

中にキャミソールを着てもまだ胸元は広くあいててオフィスにはちょっと…てことになります。

もっと胸元が狭いキャミソールやタンクトップ、ブラカップ付きのキャミソールを売ってくれればいいのにと思います。

ブラジャーに引っ掛けて使う胸元カバーももっと使いやすくならないものかと思います。

ブラカップ付きキャミソールは構造上とても締め付けます。

昔の無印のカップ付きキャミソールは締め付けず楽チンだったのに最近は外出できるようにと開発されたのか、キツキツです。

ユニクロは最初からキツキツでした。室内専用のキツキツじゃないカップ付きキャミソールも売ってくれればいいのにと思います。

レースや花がついたブラジャーも夏はTシャツにうつるので使えません。

シンプルイズベストです。

ベージュのシンプルなブラジャーは定番すぎてバーゲンで安くなりません。小さな店では品切れになることも多いです。

シンプルなだけに形の良し悪しがはっきりわかりますので、やはりワコールなどのお高いメーカーのものを常備しておきたいものです。

とにかく便利です。

ブラジャーの洗濯は本来は手洗いがベストですが、面倒なので100円ショップのブラジャー洗いネットに入れて洗濯機で洗ってます。

干すときはできるだけ平置きで形を整えて干します。

漫画やドラマで片方だけ洗濯ハサミでとめてダラーンと干してるシーンをよく見ますが、

あんな干し方してたら布地が伸びるし型くずれしまくりで、男性が妄想で作ってる作品だなあと思ってしまいます。

平置きがベストですが、風通しのいいところで吊して干したいときは、靴下を干すような洗濯ハサミがたくさんついてるハンガーを使い、肩紐と本体の結び目など数ヶ所をハサミでとめて、できるだけ型くずれしないように干してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です