正しいブラジャーで自分の胸をきちんと愛してあげましょう

女性ならば、だれもが一度は経験しているのが、下着の悩みではないでしょうか。

その中でも、ブラジャーは女性特有の悩みですよね。

初めてブラジャーを付けたのは、中学校1年生の時でした。

と言っても、スポーツブラと呼ばれるものだったので、本格的なブラジャーをしたのは、中学校3年生の時。

本格的なブラジャーをした時は、なんだかうれしいような、窮屈なような気分になったことを覚えています。

以来、寝る時以外は、欠かさずにブラジャーをしてきました。

そして、ブラジャーを付けて以来、ずっと悩んでいるのは、自分のベストサイズでした。

付けていないと安心できないので、とりあえず付けてはいるのですが、購入してしばらくすると、自分の胸にフィットしていないような気がしてくるんですよね。

試着室でつけている時は、とてもフィットしているのに、なぜしばらくすると自分の胸に合っていないような気がしてくるのか不思議だったんですが、ブラジャーを付けて、早20年以上が経ち、最近、その理由がやっとわかりました。

そのきっかけは、とある高級下着ブランドを訪れたことでした。

ブラジャーの金額って、本当にピンキリですよね。

安いものは、千円そこそこで買えるのに、高価なものになると、それこそ、数万円したりするんですよね。

でも、ブラジャーにそこまでお金をかけるのは、馬鹿らしいと考えていた人間なので、今まで訪れたことはなかったのですが、友人にダメ出しをされてしまったのです。

「それでは、どんどん胸の形は汚くなる一方だし、若さも損なわれる!」と力説されました。

そこで、一度友人とその高級下着ブランドを訪れたのです。

実は、人生で初だったんですが、上半身裸の状態で、初めて自分の胸を測ってもらったんです。

それまではブラジャーを付けた状態で測ってもらうことはありましたが、上半身完全裸は初めてだったので、ドギマギしてしまいました。

でも、目からうろこ状態でした。

今まで自分が思っていたサイズより、1カップ上がったんです。

そして、ブラジャーの正しいつけ方を教えてもらったのですが、今まで自分がどんなに低い位置でブラジャーをしていたのかが初めてわかりました。

お店の方にも「今まで胸が低い位置に見えていたはずなので、すごい損をしてましたよ。この方がよっぽどいい!」と言われました。

でも、意外に、ブラジャーの位置が低い方というのは多いようなのです。

今まで自分のつけ方では、だんだん違和感を覚えるようになっていたことも納得しました。

そして、最後に、ブラジャーの寿命について教えて頂いたんですが、どんなに気を付けてお洗濯をしていても、ワイヤーや生地、そして、肩ひもは、劣化してくるとのこと。

ブラジャーは、もって1年なのだそうです。

それ以上つけていると、違和感もさることながら、胸の形を崩すことにもつながってしまうとのことでした。

そのお店を訪れてから、今までつけていたブラジャーはすべて処分しましたよ。

ブラジャーは、自分の本当のサイズを知ること、そして、本当の正しいつけ方を知ること、この2つは本当に重要なことだと実感しました。

今では快適なブラジャー生活です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です